読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

harbor's diary

プレイしたゲームのこととか、その他いろいろ

GP名古屋本戦出てきました

GP名古屋

f:id:dawn_harbor:20160130235306j:plain

MtGをやり始めてから一年くらい経ちましたが、初めてグランプリイベントに参加してきました。

フォーマットはBFZ~OGW環境によるリミテッド。
OGWはパックが発売されてから1週間しか経っていないのでカードをろくに知らないという状況でしたが、そんな前準備で大丈夫か?大丈夫だ…問題ない…(小声)

まあグランプリというお祭りにとりあえず出てみること、というのを主目的として重要視していました。
今後グランプリに行くかどうか決めるためにも、どんな雰囲気なのか掴んでおく必要がありますし。

本戦結果

パックをもらっていざ開封をし、デッキ構築!
デッキリストの記入時間もあったせいか、構築時間とても少なく感じましたね…。
これはどうやら慣れが必要そうです。

f:id:dawn_harbor:20160131010612j:plain

デッキはこんな感じの白黒タッチ無色。
安定を求めて2色にまとめましたが、後で見返すと《タイタンの存在》は無理していたなー、と思います。

一戦目(白緑) ○××
Game1 《ランタンの斥候》が3T目に着地するも除去れてテンポ勝ち。記念すべきGPの初ゲームは勝利ですね。
Game2 《ランタンの斥候》が出た後の《タジュールの獣使い》を出されるとライフレースがバグるのでダメ。
Game3 《ランタンの斥候》が出た後の《タジュールの獣使い》を出されるとライフレースがバグるのでダメ。………って、あれ?

二戦目(白黒) ○○
Game1 出だしから出てくるクリーチャーの雰囲気も大体一緒で、ミラーだなーとずっと思っていました。《永代巡礼者、アイリ》すら相手も共通して持っていた模様。だが、こちらのボムレア《ムンダの先兵》が暴れて勝ち。
Game2 《ヴァラクートの暴君》とエルドラージトークンスペルいっぱい取れていたので、サイドからいきなりデッキの色を変えて赤緑デッキを使用する戦法を使ってみました。4ターン目に《目なしの見張り》キャストから5ターン目にエルドラージトークンサクりの《次元の歪曲》でタフ3除去、その後《ヴァラクートの暴君》怒涛キャストでタフ3除去、という流れがあって、強すぎる動きをしてくれました。

三戦目(白黒青) ○○
Game1 相手の先手3T目初動に、こちらの後手2T目《次元の歪曲》を合わせてテンポ勝ち。
Game2 またもや赤緑デッキを使用。クリーチャーやエルドラージトークン横に並べて、《ダジュールの獣使い》で殴りました。同盟者少ないデッキだったのですが、《同盟者の宿営地》の能力を使って同盟者バウンスして《ダジュールの獣使い》の能力を再度誘発させて押し切る、みたいなゴリ押しじみた突破方法で相手のライフを0に。

四戦目(緑青) ×○×
Game1 《カサンドゥの撤退》&《進化する未開地》のコンビでドブンされて無事死亡。

Game2 今度はこちらが毎ターンマナカーブに沿ったアクションが取れて、除去も適切に行える理想的な流れ。
Game3 《深海の主、キオーラ》出されてりーむー。《掴みかかる水流》で土地クリ作られてからの忠誠値+やんばい。タコに届かせてはいけないからこちらがバンザイアタックするしかないキツさ。ところでここまで10ゲームもやってるのに、《難題の予見者》を一度も引いてないんですが…。

五戦目(白黒) ○××
Game1 今日初めて駆けつけてきてくれた《難題の予見者》くん。相手の残り一枚のハンドだった《真っ逆さま》を追放して、そのまま押し切り。
Game2 《変位エルドラージ》が出てきて、こちらの手札の除去がなんの意味もないカードになってしまいました。
Game3 《沼》を引けずに色事故でもたもたしてたら《保護者、リンヴァーラ》出てきて、はいおしまい。さようなら…。

六戦目(赤緑青) ○○
Game1 盤面硬直後、《ズーラポートの鎖魔道士》の盟友能力だけで勝ち。
Game2 ここでも赤緑デッキにして対戦。《難題の予見者》で前方確認後、《抑圧的支配》。相手は死ぬ。《抑圧的支配》はプレリでもお世話になりましたし、このリミテ環境の中で一番好きなフィニッシャースペルですね!

七戦目(白黒緑) ××
Game1 《ベイロスの虚身》に《保護者、リンヴァーラ》。ライフ3まで詰めてたのに、相手が間に合ってしまってそこからが遠かった。屈辱な逆転負けでしたね…。
Game2 《難題の予見者》で除去が相手の手札にないの確認してからの《ムンダの先兵》キャストで勝ったか!?と思ったものの、その後除去トップデッキされて流れで負け。短期決戦仕掛けたかったものの、マリガン後の初手のハンドが芳しくなく、長期戦になってしまうとカードパワー高い相手の独壇場でしたね。みなとの冒険はここで終わってしまった!

雑感

緊張感も伴って、基本的に丁寧なプレイングはできたと思うのでプレイミスで負けたというような初歩的な問題はなくて良かったのですが、相手のえげつないドブンの動きに何度も見舞われた感はありますねー。
で、一方こちらのドブンはそんなに強くないという。
リミテのボムレア筆頭《ムンダの先兵》も3/3なのでいろいろな除去に引っかかるんですよ、ほんと。
端的にいえば、今回の負けは僕のリミテッドデッキ構築力の弱さでの負けなんでしょう。
そもそも僕のゲーマー気質が初見力の強い天才型ではなく、死んで覚える経験学習型なので満足な練習取れていない以上きつかったですね。
GP二日目こそは、練習ばっちりでもはや得意フォーマットになってしまったモダンにてサイドイベント8人構築での優勝ばんばん狙います。

名古屋といえば…?

f:id:dawn_harbor:20160131012150j:plain

会場からの帰り際、麺屋はなび本店に行って台湾混ぜそば食べてきました。